ゴルフのいい話4

R-ONEのブログをご閲覧いただきましてありがとうございます!
好評を頂いております「ゴルフのいい話」第4回をお伝えいたします。
b0134833_13061242.png


「ゴルフはゴロフ」これはプロゴルファー青木功氏による有名な言葉で、ゴルフ中継のレポーターのときプレーヤーの状況を見ながら「そんなの転したほうが楽だよ!」とか言っているのを良く耳にします。
 
 皆様も良くご存知かと思いますが、ゴルフのスコアを握っているのはショートゲームです。
そのショートゲームの基本ともいえるスコアアップに大いに貢献する技術が「ランニングアプローチショット」です。 サンドウエッッジでスピンや高さで止めるのではなく、Pwやパター等で転がして攻めていくスタイル。
 私もゴルフの競技会に良く出場していますが(結果は内緒です、、涙) フルバックティーから70台前半と、安定したスコアでプレーしている殆どの方々が「ランニングアプローチショット」が物凄く上手いんです。
 
 「なぜ、ランニングアプローチショットなのか?」その理由をツアープロの方に聞いたところ、、、

<<上級者がランニングアプローチショットを多用する理由>>

1,アプローチショット後のパッティングラインが読みやすい。
2,10m先の目標にボールを落とすよりも3m先の方が簡単。
3,ダフリやトップなどのミスが激減する。

 言われてみれば、確かにこの方が確率が抜群にいいのです。私も教えていただいてから即実行し、アプローチショットでの大きなミスは大幅に減りました。
 グリーン周りでのショートゲームに自信がつけば スコアアップ間違いなしですね!

------------------------------------------------
グリップ交換 750〜(工賃込 税別)

グリップ持込み工賃 470-(税別)

シャフト持込み工賃 2800-(税別)

室内打席使用料金
弾道シュミレーション使用
10分 300-(税別)


Golf Work Shop R-ONE

長野県長野市中御所町4丁目4
tel: 026-217-7589
mail: r_one_kz@yahoo.co.jp
担当 北澤 亮一 

b0134833_13032832.jpg


[PR]

by tss_wings | 2015-07-22 12:41 | ゴルフのいい話