ゴルフのいい話5

R-ONEのブログをご閲覧いただきましてありがとうございます!
好評を頂いております「ゴルフのいい話」第5回をお伝えいたします。

b0134833_11023211.jpg
 久しぶりにコンペに誘われて参加することになり慌てて練習をはじめ、身体が慣れていない状態なのにビッシビシ打ち込んでしまいスイングも上手くいかないばかりか、身体もボロボロになってしまう方々を よく見かけます。
 
 そんなとき、おすすめの練習方法があります。
 
 一番短いクラブのサンドウェッジから、ゆっくりと打ち始めて一番手ずつ徐々に上げていき、ドライバーまでフルスイングせずに練習していくという簡単なことです。意外と誰も行っていません。
 この練習方法は何が良いかというと、身体を慣らすだけでなく各番手の違いもより明確に分かるようになってきます。 練習場では何球も打てますがコースでは一度きり。 ティーショットを打った次は、7アイアン等でグリーンを狙いますよね?
 各番手の違いをハッキリと把握していないと コースにでたときに安定したプレーは見込めません。 ショットの成功率を良くするための効率の良い練習をすることで、スイングも安定し身体にも負担がかからないので効率が良くなります。

<<効率の良い賢い練習方法>>
1, サンドウェッジからドライバーまで10球ずつゆっくり打つ。
2, ドライバーとセカンドショットで想定される番手を交互に一球ずつ打つ。
3, 同じクラブでフルショットと50ヤードを交互に打つ。

良かったらお試しください!!

↓ご相談はこちらまで↓
R-ONE (アールワン)
tel: 026-217-7589
mail: r_one_kz@yahoo.co.jp
長野県長野市中御所町4丁目4
代表 北澤 亮一

b0134833_15263419.jpg

by tss_wings | 2015-08-24 11:23 | ゴルフのいい話